キャリア採用

具体的な仕事やミッション、ヴィセント入社理由について

WORKS

自社ブランドのアプリやサービスを複数運営する開発室室長として貢献

■WHY VICENT
以前は地方のIT業界で働いていましたが、ヴィセントに転職しました。学校では3DCGを学んでいましたので、デザイン系や動画編集などの知識も備えております。
ITエンジニアとして活躍するには、今まで学んだスキルはあまり活かせないと思い込んでいましたが、実は知識の幅が広がり意外なところで役に立っています。
今は、オンラインショッピングサイトのプロジェクトを担当しております。最重要機能を任される機会がどんどん多くなってきておりますので、プレッシャーは大きくなってきています。
担当機能で問題が起きると大きな問題に繋がる可能性が高い為、いろいろな観点から問題がないか常に考えながら仕事を進めています。
■MISSION
下積みを作りその糧を活かし、2017年度自社ブランドとしてサービスリリースを目指しています。具体的なプロジェクトは公開できませんが、次世代ウェアラブル事業やバーチャル的なビジネスへの挑戦をし続けて、この世にないサービスを創り上げる事がミッションです。個人やチーム目標は組織的連鎖を生み出せるよう、
経営陣もブレインストーミングしながら進行する姿勢は、ベンチャーならではのパワーを感じています。今後は、プロダクトを複数運営する開発室室長として会社へ貢献し、優秀な部下を育てて仕事を楽しめる余裕を持てるようになりたいですね。
会社貢献に繋がる範囲で創りたいものを作り、仕事を楽しいと思える環境を整えるのが私の目標です。

大切なのは、自分なりのこだわりと目的意識がハッキリしてる事

■FUTURE & MESSAGE

趣味からプロの職人に。テレビゲームが大好きです。趣味が仕事になればもっと面白いかもと思ったことはありますが、ゲームにこだわらずシステムで何かを創る事に喜びを感じています。
当社の企業理念にも「創る事を作る喜びと豊かな社会と素晴らしい笑顔を!」とありますので、髙橋CEOに共感しています。
仕事でシステムを開発する際は、全て自由に作れるわけではありませんので、全てが楽しめるとは言い切れませんが、もっと楽しめる環境にしたいとは思っています。仕事を楽しむとなるとやりがいのある仕事、作りたいものを作れる仕事などでしょうか?
人生の大半は仕事になってしまうので少しでも楽しめるようにしていきたいですよね。

正直申し上げると、プロジェクトの先が見えていない時期ばかりはつらいです。主任担当者や従事者一人一人が、炎上させない為にいろいろ考えながら動くのですが、期間的にも絶望的なプロジェクトはあります。いつも頼れる仲間がいるので恵まれていますが、そんな事もあるのが仕事ではないでしょうか。

自分なりのこだわりを持った人、目的意識がハッキリしてる人は上手くやっていけます。言われたことを淡々とこなすだけの人よりも、自分の意思をしっかり持って行動出来る人が良いですね。
後はこの業界に限ったことではないと思いますが、1方向からしか物事を考えられないと厳しい面もあると思います。
いろいろな方向から物事を考えられるような柔軟性を持つ人は大歓迎です。

いっしょに働ける日を楽しみにしております。

PROFILE

杉田 拓也

ソリューションビジネス事業部
アプリ開発基盤チーム
マネージャー
3DCGのグラフィックスを専門として学習し情報処理産業へ飛び込む。初めての就職先では製造業を中心としたプロジェクトメンバーでしたが、もっと最先端の技術を習得しウェブやネイティブアプリケーション構築に向け転職を決意しました。ヴィセント入社後はスマートフォンアプリ製作が初めての仕事でした。それからどんどんチャレンジさせてくださり、ウェブアプリケーション、オンラインショップサイト構築部隊として存分にプロジェクトで活躍できています。ヴィセントはやりたいことが出来る会社です。